らっくねすブログ

DSC_0170
2018・8・5sun.
1年に一度のオレンジフェアーを開催することができました。
今年のテーマは
「地球最後のなつやすみ」でしたよ
22dafc89aa3ad2d7c9bd245b1171db1e

032dd843fdab089f5c03e90068836249

「らっくねす」は、
スペース・キャンプ「30秒間の訓練 ミニトランポリン!」
ルールは簡単!30秒間で何回足踏みができるか。を競っていただきました
なんと!!
1位と2位の差はたったの1回でした
すごい戦いでしたねぇ
3aac94c4f2996069e5994c8cc17775c8
a9680794b1b81482e789de6b1926107a
46a36bdcd5a5fdd310c10b2d13b2e62b
905a1d06f58c9431a58b33cc2a51b0f4
帰還!アース・プール、縁日広場、地球防衛そうめん他あり、
猛暑にもかかわらず、たくさんの方においでいただきました。
本当にありがとうございました
2018.8.5

image1
 「午前中、ジャガイモおこしたのよ。おかげでいい汗かいたわ そうでなきゃ、クーラーのきいた部屋でじっとしているだけだもの 」
 Sさんが言いました。
(この方、畑されてたかな?)と考えていると…。


「春先にね、もらったジャガイモの芽がのびてきて、もうすてるしかないかな、とおもっていたの。そうしたらIさんがそのまま植えとけばイモがなるよっておしえてくれたの だから、試しに植えてみたのよ。それでも、植えたイモの何倍かにはなったわ 」と教えてくれました。

 土にさわることなんかほとんどなかったというSさん。
 利用者様同士の交流によってが生きる世界が少しだけひろがったのですね

 人はいくつになってのも新しいことに挑戦できる、そして成長していける、そんな明るい気持ちになれるできごとでした


  毎月恒例のらっくねすのミーティング 

 今回は先日、スタッフ2名が新潟へ研修に行き、その内容を実技をまじえて他のスタッフに指導してもらいました 
 講習内容は筋膜リリース。簡単に説明すると、疲労や水分不足などで異常をおこした状態の筋膜を正しい状態に戻してあげるということだそうです 
 とにかく習ったように捻じったり、開いたり、マッサージしたりすることで身体の状態がびっくりするほど変わるのです。
 個人的には小さい頃から苦手な立位体前屈では、このように変化しました。
before
IMG_20180625_170158
指先が膝の辺までしか行かず…
horizontal
after
IMG_20180625_170229
指先が人生初の床から10cmほどに!!
IMG_20180625_165752
 スタッフの中には、アフターで指先が人生初の床に見事にタッチすることに成功しました

 らっくねすに来てくださる利用者様とともに、働くスタッフも身体が少しでも楽になり、笑顔いっぱい、元気いっぱい、日々過ごしていけるように継続していきたいです
2238d008b7344282e04bb3fa586fc78c
 6月21日(木)新潟市で行われた「介護職のためのバランスコーディネーション」に参加してきました

 介護のお仕事をされている方には、肩・首の凝り、腰痛、ヒザ痛で悩まれている方も多いのではないでしょうか?
 その症状がおきる原因の一つとして、筋肉・筋膜の癒着についてわかりやすく説明していただきました。

 その後、マットに移動し“筋膜リリース”を学び、バランスコーディネーションを行いました。

 途中、”シナプソロジー”という椅子に座ってできる脳の体操を、参加者の方とペアで行い、「できない」「え?え?え?」と楽しく、可笑しく行いました
 
  筋膜リリースではビフォアー&アフターでどれくらい変化があるかチェック
 凝っている方ほど、違いを感じる事ができるとのことでしたが、私はすべての体操で変化を感じることができ、講習後は体がポカポカになり、楽になりました

 そして、シナプソロジーでも頭がシャキッとしたので、らっくねすの利用者さんともやってみたいと思います

IMG_20180625_162323

IMG_20180625_170845
後日のミーティング風景 
スタッフ全員でセルフリリース

興味のある方、「筋膜リリース」「シナプソロジー」で、ぜひ検索してみてくださいね
帰りじたくをおえたS様がとなりのY様に話しかけています。
「Yさんとは週に二回会えるから、楽しみしてるのよ。
わたしも頑張ってくるからさ、Yさんも休まないで出てきてよね

最近、休みがちだったY様を気づかってのことだったようです。
その後もS様はかならず帰りぎわにY様に
「じゃあまた、来週ね。」と声をかけておられます。


利用者様方はみんな、元気になりたいと望んで運動にきている、
いわば「同志」のような関係です

利用者様同士のこうした声かけは、
わたしたち職員がするよりもずっと
相手の心に響くのではないかと思ってしまいます

運動するため + 仲間に会うためにやってくる。
そんならっくねすもいいなあと思います 
IMG_1319

ページの先頭へ